前へ
次へ

食中毒をバーベキューで起こさないためには

家庭で気をつけていても、外出先では追記を抜いてしまうのが食中毒対策です。
特にバーベキューの場合、楽しさが先にたってしまい、うっかり気を抜いてしまうということはよくあるといいます。
実際にバーベキューに出かけて具合を悪くした人というのは少なくありません。
せっかくの楽しい時間を食中毒で台無しにしないよう、ちょっとした工夫で防げるようにすることが必要です。
第一に、加熱する食品と生で食べる食品は、まな板をはじめとした調理器具を別にしましょう。
たとえば、果物などは果物ナイフを持参して肉を切った包丁を使わないようにすること、折り畳みのまな板を持参してその上で切るようにすることなども必要です。
また、食品に触る前に必ず手を洗ってください。
食品に触る時にはクッキングシートで手をぬぐうだけという人や、除菌されているウェットティッシュで変わりにするという人もいますが、それだけでは雑菌を全て処理できません。
除菌効果の高いハンドソープを持参し、手を洗いましょう。

Page Top